個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

申し込みと審査の基準

ビジネスローンを利用するためには申し込みをし、審査に通過をして契約を済ませなければなりません。当然のことですが、審査はお金を借りるために必ず通らなければならず、基準を満たせない場合には審査落ちとなり、ビジネスローンの利用が出来ません。

銀行の融資の場合には厳しい資金計画や決算書の書類審査もありますが、ビジネスローンの場合には銀行とは違った審査基準となっているので、見ている点も異なります。

もちろん最低限の必要書類は揃えなければなりませんが、銀行とは異なるビジネスローンの審査基準について大雑把に理解をしておくと良いでしょう。

赤字決算でも借りられる

ビジネスローンの中には、決算が赤字だからと言って審査落ちとはしないものもあります。銀行の場合だと赤字決算、または財務状況が不透明な会社には融資がおりませんが、ビジネスローンであれば融資が可能となるケースもあります。

そもそも、個人事業主がビジネスローンを利用する場合においては、決算書といった書類自体を特には必要としない場合がほとんどです。事業主本人の確認書類と確定申告書を2期分などが必要書類となるため、決算が赤字であるか黒字であるかは細かい部分まで見ていません。

法人が借りる場合には決算書が必要となりますが、個人事業主のビジネスローン利用においては、決算や財務状況に関しては審査の基準としては大きくないと言えるのです。

返済が出来る能力があるか

個人事業主が事業資金としてビジネスローンで借りる場合の話となりますが、審査の基準は事業主本人に返済が出来るだけの能力があるかを重要視しています。返済が出来るだけの収入があるか、信用情報にネガティブ情報がないかなどを見ており、特に問題がなければビジネスローンの利用が可能となります。

収入に関しては必要書類となる確定申告書で確認をし、信用情報に関してはCICやJICCに記録されている信用情報の照会を行い、審査時にチェックをしています。その他に各社による独自の審査基準もありますが、それらを総合的に判断し、ビジネスローンの利用が可能であるかの審査結果を出しています。

審査に通過できないケース

事業者本人が過去に長期の返済の遅れをしてしまっている、債務整理などの記録が残っている、他社の借り入れが多すぎて返済が出来るかの信頼性に欠ける、既に他社の支払い期日から遅れていて返済能力を超えてしまっていると判断される場合には、審査には通りません。

上記の該当する場合にはどのビジネスローンもまず審査には通りませんので、申し込みをしても無駄となってしまう可能性が高いです。無駄な申し込みをしても何にもなりませんので、しっかりと確認をしてビジネスローンの審査を受けるようにしましょう。

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る