個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

ビジネスローンの良さ

ビジネスローンは個人事業主や法人が緊急でお金が必要なときに頼れる商品で、急な資金繰りにも素早く対応をしてくれるので大変助かります。数日中には現金が必要となった場合でも対応が可能な場合もありますので、早さを重視するならビジネスローンは優れています。

銀行からの融資はどうしても時間がかかり、必要な期日までにお金が用意できない場合があります。黒字の会社だとしても売掛金の入金までの現金がなく、銀行の融資も間に合わずに運転資金が足りなくなる場合すらもあります。

その点でビジネスローンであれば、早ければ最短即日で、大体は数営業日ほとで現金の融資が実行されるので、すぐにお金が必要な個人事業主や法人にとっては、大変便利で頼れる借り入れ先となっています。

ビジネスローンは金利が高い

ビジネスローンは良い点が多くありますが、デメリットもあることを忘れてはなりません。デメリットもしっかりと知ればビジネスローンをより便利に正しく利用が出来るので、以下の内容をよく見ておきましょう。

まず一つ目のビジネスローンのデメリットは、金利が銀行に比べて高い点です。ビジネスローンは長期の運転資金の借り入れといった位置付けよりも、どちらかと言えば短期の「つなぎ融資」としての借り方が適した商品です。

長期間を借りてしまうと利息がどうしても大きな負担となりますので、ビジネスローンは短期の数年間程度で返済が出来るような計画の下で利用をすると良いです。

融資枠が限定的となる

つなぎ融資の位置付けとして考えれば当然ですが、ビジネスローンの融資枠はそこまで大きくはなりません。億単位で借りられることはなく、せいぜい数百万円程度程度が限度となります。

ただ、カードローンタイプのビジネスローンであれば、数百万円の枠が限度額の範囲内で繰り返し使えるようになっています。返済をした後に再び借りる際にも、再申し込みが不要で便利に利用が出来るメリットがあります。

手軽さのメリットがデメリットに

ビジネスローンの多くは個人事業主なら原則として担保も保証人も不要で、法人が借りる場合には代表者が連帯保証人となるほかは、第三者の保証は原則不要としています。また、来店不要でネットで申し込み、郵送で契約が出来ると手軽な手続きになっているので、手間をかけたくないと考える際にも適しています。

しかし、担保や第三者を保証人として立てない分だけ、貸し倒れのリスクが高くなります。そのために金利は上げざるを得ず、厳しい審査や担保、保証人が必要となる銀行からの融資と比べても金利が高くなるのです。

ビジネスローンにはメリットもデメリットもどちらもありますので、しっかりと理解をして計画的な借り入れを行うようにしましょう。

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る