個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

計画的にビジネスローンを使う

ビジネスローンのデメリットにも書いていますが、ビジネスローンは金利が決して低くはないため、返済は余裕を持って計画的に行わないと負担が大きくなってしまいます。

大きな金額を借りた際には特にそうですが、しっかりとした入金の予定と返済の計画の下で、無理のないビジネスローンの利用としなければなりません。無理のある返済計画で借りてしまうと、返済が遅れるなど様々な問題が発生してしまいます。

不確定要素を返済計画に組み込まない

個人事業主が事業資金として借りる、法人がお金を借りる、どちらにしてもビジネスローンの返済は事業の資金で行うのが基本となります。勤務先から給与を貰って返済をする個人が借りる一般的な消費者金融とは異なるため、返済の計画の立て方も変わります。

零細企業の場合にはどうしても入金が不安定になってしまうものですが、それでも比較的安定をしている入金予定は必ずあるものです。ビジネスローンの返済は安定している入金予定から行うべきで、不確定となる予定では返済の計画を立てるべきではありません。

「○日にお金が入るかもしれない」「○月○日に売れるかもしれない」などといった希望が含まる不確定な予定をアテにしてビジネスローンの利用をしてしまうと、返済で困るケースが出てきます。

その日にお金が入らなかったり、または売れなかったなどで現金が入ってこないと、ビジネスローンの返済自体が出来なくなり、最終的には資金繰りがパンクしてしまいます。

借りすぎないことも大事

ビジネスローンの利便性の一つとして、限度額の範囲内ならいくら借りても良いといった面があります。銀行からの融資やローンとは異なり、一度に何も全額を借りなくとも、必要な金額だけを借りることが出来ます。

大きな金額を借りなければ利息負担も抑えられ、返済も楽に進みます。また、限度額を満額まで借りていなければ今後に運転資金が必要となった際にも、追加で再申し込み不要で借りられます。

キャッシングでよく聞く「ご利用は計画的に」のフレーズは、個人だけでなく事業資金としてお金を借りるビジネスローンにも当てはまります。計画的に適度に利用し、便利なビジネスローンを役立てるようにしましょう。

返済で分からない点は相談を

借りる前でも借りている間でも、返済で分からない点があればすぐに借り入れ先の業者に連絡をして相談をしてください。相談は何も恥ずかしいことではなく、寧ろ相談をせずに返済が出来なくなる方が恥ずべき行為だと言えます。

安心してビジネスローンを利用するためには、安定している入金予定での返済計画を立て、不確定な危険な返済計画は立てないことです。

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る