個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

ファクタリングとは

事業者の資金調達方法として俄かに注目を集めているのが、ファクタリングです。ファクタリングとは売掛債権を買い取ってもらい、現金化を行う仕組みです。

売掛金があっても実際に現金を受け取るまではタイムラグが発生してしまうものですが、ファクタリングを利用すると売掛金を即座に現金として調達できるため、当面の運転資金のやりくりもしやすくなります。

売掛金は債権としてファクタリング業者に譲渡する形となるので、以後の手続きはファクタリング業者と取引先企業が行います。つまり、事業者としては売掛金を手軽に早期に現金化できる、優れたサービスとされているのです。

ファクタリングのデメリット

ただしファクタリングにはいくつかのデメリットがあります。まず気にしておくべきは手数料で、ファクタリング業者によって違いはありますが売掛金からの一定割合が手数料として差し引かれてしまいます。差し引かれた金額が現金として支払われるので、実際の売掛金と比べるといくらか目減りします。

また、内容によっては取引先企業への承諾が必要となる場合があります。債権の譲渡となるので、交渉に時間がかかるとお金の支払いも遅くなってしまい、ファクタリングのメリットが薄れる点には注意が必要です。

その他、登記が必要となるなどのデメリットや欠点もあるので、ファクタリングを利用するのであればメリットだけでなく、デメリットに関してもしっかりと調べるようにしてください。

少額ならビジネスローン

売掛金の規模が大きく、すぐにでも現金として調達ができないと資金繰りが悪化してしまう場合には別ですが、目先の運転資金や繋ぎ資金など、少額の資金調達であればビジネスローンの方が手軽で便利とも言えます。

ビジネスローンなら返済時には利息こそかかりますが、取引先企業に迷惑をかけることもありません。また、最短即日で融資をしてくれるビジネスローンも多くなっているので、スピードの面で見ても優れている部分があります。

利息がかかるとは言ってもファクタリングでは手数料が必要となるので同じようなものであり、利息だけでビジネスローンが劣っていると考えるのは間違っています。

利用先の信頼性

ファクタリングはここ最近で注目を集める資金の調達法となっていますが、利用先には様々なところがあるので注意が必要です。中には手数料を多く取るような悪質なところもあり、思ったほどの資金が得られない可能性があります。

対してビジネスローンは大手の消費者金融や銀行が提供をしている場合が多いので、安心して借りられる良さがあります。金利は金融機関から借りる企業向けの融資商品と比べると高くなりますが、手軽に素早く借りられるために便利で助かります。

ファクタリングも早い資金の調達法とされてはいますが、上にも挙げたように取引先の承諾を得なければならない場合があるため、そうなると現金を手にするまでに時間がかかります。やはり早くに安心して事業資金を調達するなら、返済時の利息はかかるとしても事業主用のビジネスローンが安心なのです。

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る