個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

カードローンの2つの重要な傾向とは

最近のカードローンの傾向として、2つの傾向があります。1つは金利や貸付け条件の優遇です。法改正で最高金利が大幅に引き下げられました。金利だけでなく、威圧的な取り立てが禁止され、カードローンの利用などの個人情報が第三者に知られるような行為も禁止されています。

そのため、カードローンの滞納をしたからといって、即座に会社や自宅に連絡が行くような心配もほとんどなくなりました。

もう1つの傾向は審査の厳しさです。金利が下がった分だけ、返済不能に対するリスクが高くなりました。結果金融業者は、安易にお金の貸出しを行えなくなり、それだけ審査が厳しくなっていきました。

参考にしたサイト:改正貸金業法・多重債務者対策について:金融庁
https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/

カードローンの滞納で携帯電話が持てない?

滞納には気をつけたいカードローン

審査が厳しくなってきたのはカードローンやクレジットカードだけではありません。商品の分割支払いにも審査がありますが、こちらも厳しくなってきています。最近では多くの人が利用している分割契約の1つに携帯電話の端末代金があります。

カードローンの返済を滞納した場合、携帯電話の分割支払いの審査に落ちてしまう可能性があります。最近の携帯電話の端末も、高いものでは10万円近いものもあります。新しく機種を変える時に、端末代金を1括で支払いをしないと契約ができないというケースが増えてきています。

スマートフォンなどの端末代金が年々高くなっているため、1括で支払わなければならないとなると非常に大きな負担となります。また、分割払いが使えないと割引が受けられないなどのデメリットもあるので、分割で購入ができなくなると何かと不便で損すらしてしまうのです。

参考にしたサイト:月々サポートとは | 料金・割引 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/monthly_support/about/index.html

携帯の審査に落ちた時の対処法

携帯端末の分割の審査に落ちてしまった時には、いくつかの対処法があります。

現在カードローンの返済を滞納している場合は、滞納分を支払ってから再度申込むのが1つの方法です。現在滞納している分を支払えば、審査に通る可能性はあります。ただし、滞納が常態化している場合には、それでも審査に落ちてしまう可能性が残ります。

もう1つの方法は、携帯端末を1括で支払ってしまう方法です。1括支払いの負担は大きいですが、それでも分割の割引は適用されるので、毎月の携帯料金は安くなります。

分割以外で購入をする方法

もう1つ、携帯電話を1括0円で契約できる店を探す方法もあります。特に他社への乗り換えの場合、携帯電話を1括0円で契約できる携帯ショップもあります。こちらを利用すれば、分割支払いの審査もなく、毎月の携帯料金も節約できる可能性があります。

ただし、1括0円でも、携帯電話の他社乗り換えには契約解除料などがかかる場合があります。また、メールアドレスも変わってしまうので、乗り換え時には契約や利用についての注意事項は良く調べておいた方がいいでしょう。

もちろん、このような事態にならないよう、カードローンの滞納をしないのが一番大切です。

返済の負担が大きくて滞納しそうな場合

カードローンは住宅ローンやマイカーローンなどと比べると金利が高いので、借りすぎてしまうとどうしても返済が重くなります。毎月の返済金額も収入や支出の状況によっては苦しくなる場合があり、余裕を持った返済計画としておかないとどこかで返済のリズムが崩れてしまいます。

返済の滞納などのトラブルを抱えてしまうともう遅いので、この先の返済を楽にしたい、遅れてしまう前に何とかしておきたいと考えるなら、早い段階で低金利への借り換えを検討しておかなければなりません。

借り換えローンとして利用ができるカードローンやフリーローンを使い、今よりも金利を下げれば返済の負担は軽くなります。借り換えとしての利用においても様々なカードローンやフリーローンがあるので、まずは金利面をしっかりと見比べておき、低金利低負担で借りられるところを探すようにしてください。

参考にしたサイト:オリックス銀行カードローンはリボ払いからの借り換えで負担を減らせる
http://www.cardloan-decide.com/

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る