個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

未成年だけどカードローンが欲しい

カードローンには申込み条件があり、20歳以上が条件である場合がほとんどです。未成年だけどカードローンを組みたい場合、大抵この年齢条件で引っ掛かってしまいます。

そもそも民法において、未成年がお金を借りることは禁じられています。例えば仮に貸付けを行ったとしても契約が無効なので、20歳以上という年齢制限を設けているのです。

ただし、結婚して働いている場合は、成人として扱われるので、法律上は問題ありません。それでも現状、カードローンにおいて業者は、未成年者の申込みを受け入れていません。消費者金融や銀行を未成年が契約するのは難しいので、他の方法を考える方が現実的です。

参考にしたサイト:【弁護士が回答】「未成年 借金」の相談720件 - 弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/c_1/bbs/%E6%9C%AA%E6%88%90%E5%B9%B4+%E5%80%9F%E9%87%91/

学生ローンとクレジットカード

未成年がお金を借りる

消費者金融や銀行のカードローンが無理でも、他にもお金を借りる方法はあります。学生であれば学生ローンは1つの選択肢に入ります。学生でない場合にもクレジットカードがあります。これらについては、働いているか学生かで、少し条件が変わってくる点にだけ注意が必要です。

学生の場合、学生ローンもクレジットカードも選択肢に入ります。そして必ず親の同意書が必要になります。通常カードローンやクレジットカード申込みの条件として、安定した収入がある、つまり働いていないといけません。しかし、大学生に関しては、収入がなくてもカードの審査に通る可能性は十分にあります。

一方、正規雇用などで働いている場合、学生ではないので学生ローンは使えません。クレジットカードについては、安定した収入があれば申込みは可能ですが、学生の場合同様、親の同意が必要です。

参考にしたサイト:18歳からOK未成年向けクレカ | 絶対に持つべきクレジットカード
https://credit-king.info/cat-type/cat-type-user/user-miseinen?PPC_key=HK-GAD-PC-C0-3000000310-2018_0129_01

クレジットカードのキャッシング枠は使えるのか

クレジットカードの審査に通ったとしても、実際にキャッシング枠が使えなければお金を借りられません。結論から言ってしまうと、未成年の場合、キャッシング枠をもらえないと考えておいた方がいいでしょう。むしろカード申込み時には、審査を通すためにキャッシング枠無しで申込むべきです。つまり、未成年でお金を借りる方法は、学生ローンとなります。

ただし、クレジットカードでもキャッシング枠をもらえたという例は実際にあります。方法としては、まずはキャッシング枠無しでクレジットカードを発行してもらいます。それからクレジットカードでショッピングや支払いなどを行うよう心がけます。もちろん支払いの遅れなどがあってはいけません。

クレジットカードの利用の実績をクレヒスといいますが、頻繁に利用してクレヒスを積むと、信用が上がります。それからキャッシング枠を申込めば、未成年でもクレジットカードでキャッシングできる可能性はあります。

参考にしたサイト:三井住友VISAデビュープラスカード(学生)|三井住友VISAカード
https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus.jsp

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る