個人事業主や法人を対象としたビジネスローンなら、資金繰りに困った際にも頼れる融資が受けられます。

ほんとにちょっとだけ使いたい

お金に困る場面は様々です。公共料金や税金の支払いや、冠婚葬祭、嗜好品やレジャーなど、目的が違えば必要な金額も様々です。中にはちょっと1000円だけ借りたいというケースもあるでしょう。

カードローンには限度額と最低の借入れ金額が決まっています。限度額が100万円だからといって、100万円まとめて借入れしなければならないわけではありません。最低の借入れ金額が1万円からであれば、1万円だけでも借入れ可能です。もちろんかかる利息は、借入れしている1万円分のみに対してかかってきます。

1000円でも借りられるのか

ちょっとだけ借りるカードローン

結論から言えば、1000円から借入れできるカードローンもあります。初めから1000円の少額から借入れ可能なカードローンを利用すれば、ちょっとだけ借りたい時にも困りません。ただし、大抵のカードローンの最低の借入れ金額は1万円です。消費者金融系ではアイフルなどが、1000円からの借入れに対応しています。

1000円だけの借入れができるのであれば、本当に必要な分だけカードローンを利用できます。借入れの金額がギリギリなので、払う利息もそれだけ少なくなります。つまり無駄なく利用できるというわけです。

加えて、無駄遣いを抑えられるというメリットもあります。借入れ金額が1万円では、余ったお金をつい無駄に使ってしまいがちです。1000円単位であれば、無駄に引出す分がほとんどないので、つい借りすぎて無駄遣いするという心配がなくなります。

ちょっとだけお金を借りられるのであれば、無駄遣いも、払う利息も抑えられるのです。

参考にしたサイト:アイフルなら優先審査で時間をかけずに最短1時間で借り入れ可能|消費者金融や銀行の比較をするならカードローンタイム
https://www.cardloan-time.com/consumer/aiful.html

1000円借りるデメリット

1000円単位の借入れであれば、かかる利息もほとんどありません。多額であったり長期であったりしなければ、利息はそれ程心配する問題ではありません。ただし、借入れや返済にかかる手数料にだけは注意が必要です。

カードローンの種類と、提携している銀行やATMによって変わりますが、例えばATMでの借入れと返済の手数料にそれぞれ108円かかったとします。たった1000円しか借入れしていないのに、手数料だけで216円もかかる計算になります。金額も利息も少ない分、手数料における負担の割合が大きくなります。

ただし、今は手数料無料で利用できるカードローンやATMもあるので、利用するところによっては手数料をかけずに借入れや返済ができます。少額のカードローンでは特に、手数料がかかるかどうかを考えて利用した方がいいでしょう。

参考にしたサイト:提携ATM手数料が無料でお得|オリックス銀行カードローンの保証会社と審査の関係
http://www.cardloan-system.com/ninki/atm.html

少額利用の安心感は捨てがたい

カードローンは借りすぎがたびたび社会問題化してしまうように、どうしても限度額があればある分だけ借りてしまう、返済能力を超えての借金を抱えてしまいがちです。

毎月の収入から考えて返済ができる範囲、余裕を持って返せる範囲での借り入れに留めておけば安心ができるため、その点で数千円や数万円程度の少額のカードローン利用は高いレベルで安心感が得られると言えます。

ただ、少額なら安心と繰り返し何度も借りてしまい、借金が癖になっては意味がありません。カードローンは緊急時の最後の手段と考えておき、必要最低限の借入れに留めるようにすれば暮らしに多いに役立ってくれるサービスとなり得ます。

参考にしたサイト:借金癖は治りますか? : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0102/218809.htm

≫ビジネスローン情報TOP

トップへ戻る